日本代表においては、ながらくそのような当たり前のことが失われていたのでしょう