サガン鳥栖 試合

fc東京 バレー

1981年にマツダサッカー部(マツダSC)に名称変更し、1982年には日本の元祖ゼネラルマネージャーと称される元日本代表選手の今西和男を総監督に、日本のサッカー界に多大な影響を与えたハンス・オフトをコーチにクラブ全体の育成に励む。 2007年6月9日の対川崎フロンターレ戦(豊田スタジアム)の前半1分にPKによる得点を挙げ、中山雅史に次いで史上2人目となるJ1のリーグ戦で14年連続ゴールという記録を達成した。

浦和レッズ 試合またJ1昇格に大きく貢献したゲームメイカー、ガブリエル・シャビエルの期限付き移籍期間延長も大きな“補強”といえ、昨季のJ2リーグで11得点を挙げブレイクした青木亮太とともに、魅力的な前線を形成する。

ルヴァン杯では勝利を挙げるなど、下馬評を覆す健闘を見せている。

Related Post